DMS東京 本日最終日です&FloEFDを触ってみませんか?

こんにちは、みっちーです。
昨日は晴れたこともあり、DMS東京の会場は更に人が多く、すれ違う人とぶつかりそうなくらいでした。

わたしもユニフォームを着て、ブースにスタンバイしていたのですが、まわりの企業も気合いが入っていて、本当に全体が「熱い」と感じました。

様子を写真に撮っていたのに、スマホを自宅に忘れてきてしまったので、後日追加でアップしたいと思います。(これで3回目。最近なんでか忘れて来てしまうんです)

技術部長は熱かったです。
FloEFDの特長はとにかくわかりやすい。直観的で特別な知識がなくても使えるのが良いなーと思います。普段から3DCADで設計業務を行っている方なら二日もあれば習得が可能というのは大きな魅力ですよね。

わたしは長くCATIAの設計コンサルティング業務(V4からV6まで)を行っていたのですが、企業やスクールで講師もしていました。国内は栃木から福岡まで、海外はデトロイトやオハイオまで色んな場所の色んな企業で教えてきました。

その経験からいうと、解析ソフトを使い始めるにはある程度の座学的な知識(材料力学や有限要素法などなど)があった上でないと何をやっているのかよく分からなくなります。四面体?節点?なにそれ?みたいな感じ。そのため操作も何をどうすればいいのか、ゼロからいきなり使うにはハードルが高いのです。

でも、FloEFDは二日で習得できてしまうってすごいんですよ。
基本的な流体解析なら初めての人でもそのくらいあれば出来ちゃうんです。これって意外にすごいことなんです。(もちろんそのあと勉強が一切必要ないなんてことはありませんよ。より高度な解析をするには勉強はした方が良いに決まっています)

その簡単な操作性を実感していただきたいと、体験セミナーも用意しています。
ちょっとでも気になって、触ってみたいなーと思われたら、ぜひ体感しに来てください。弊社は飯田橋、九段下、神保町、水道橋の駅から歩いて来れます。

まわりには美味しいラーメン屋さんとか、お魚屋さんとか、餃子屋さんがたくさんあるのでランチには困りません(笑)そんな話はおいおいと。。。

FloEFD無料体験セミナー

セミナー詳細はこちら⇒

今日はDMS東京 シメーンス社のブースで、そしてFloEFDの体験セミナーでもお越しをお待ちしております!
東京DMSでの弊社ブースのスケジュールはこちら⇒

7月にCAEサミットが開催されます。

設計者様向けからハイエンド解析まで各種解析ソフトをご紹介します。一日でこれだけ多くのCAD・CAEセミナーを受講できる機会はそうそうありません。ぜひご参加をご検討ください。本セミナーで弊社CAEソリューションズは「Abaqus」解析事例と「Isight」多目的最適化&「Tosca」トポロジー最適化について講演いたします。

開催日:2018年7月25日(水)
イベント詳細はこちら⇒

DMS東京始まりました

こんにちは、みっちーです。
雨の中ではありますが、DMS東京が始まりました。ただ今絶賛開催中です。


CAEソリューションズが協賛しているシーメンス社のブースはこんな感じ(設営直後)

ユニフォームを着た営業のMさんが対応します

会場は毎年熱気に包まれて、ものすごく暑いんです。
広くて全部見るのも時間がかかりますが、最新の技術や機械や部品が見られてとても面白いです。わたしは書籍のブースが楽しみでもあります。書店に並んでいないような本がみつかることもあるんですよ。

CAEソリューションズのコーナーでは、FloEFD for Solid Edgeをご紹介しています。設計者が「これから解析の勉強をはじめて流体解析をしたい」という場合、このFloEFD for Solid Edgeがお勧めです。CADの操作の一部で解析が行えるのと、専門的なことを知らなくても使い始められるという点で、業務にそれほど負荷をかけることなく解析ができますから。

とにかく暑いので、水筒を持って、歩きやすい靴でお出かけくださいね。
そして、お気軽にCAEソリューションズのコーナーへ。
技術部長渾身のFloEFD for Solid Edgeのプレゼンテーションも聴きにいらしてください!
弊社ブースのスケジュールはこちら⇒

HyperSizer Trainingのお知らせ

複合材最適化ソフトウェア「HyperSizer」の5日間のトレーニングが米国Newport News, VAで、8月6日から開催されます。参加費は$2,500です。尚、受講したいが渡航は難しい方にはWebコースもあります。
トレーニングの概要⇒
HyperSizer製品ご紹介はこちら⇒
※お問合せは弊社営業担当までお願いします。

Science in the Age of Experience 2018 ボストン初日

時差ぼけにも耐え、参加した最初のセッションはMaterial Modeling Symposium。SIMULIA R&D Product Director/Todからガイダンスがあり、均一化法とFE-RVEの比較から説明を始めた、その開発に携わったRossから詳細の説明が行われた。続いてHuidiからは3DEXPERIENCE上での繊維強化熱可塑性プラスチックの射出成形プロセスシミュレーションの取り組みが語られた。午前の最後のセッションではサードパーティのMultiMechanics社Flavioからミクロからマクロスケールの複合材破損を解析できる新しいツールの紹介があった。

熱流体解析ソフトウェアFloEFDの体験セミナーを実施いたします。

FloEFDは、Creo(Pro/E)、CATIA、NX、SOLIDWORKSに完全統合された設計者向けの熱流体解析ソフトです。FloEFDの特徴と各種業界における活用事例をご紹介するとともに、体験演習を通してその優れた操作性を体験していただくことができます。

  • FloEFD概要&事例紹介
  • 水道管蛇口を題材とした熱流体解析の体験演習
  • 質疑応答


実施日:6/28(木) お申込締切日:6/22(金)
詳細はこちら⇒

メンターグラフィックス社が提供する熱・流体解析ソフトウェア「FloEFD」は独自のカットセル手法による高度なメッシングテクニックにより、複雑な製品形状にも対応します。CADにアドオンしておりますので、設計者でも簡単に利用いただけます。対応CADは、従来からのPTC Creo, CATIA V5, NXに加えて、新しくSolid Edge版もリリースされました。その他、LED, HVAC, 電子冷却向けのオプション製品もご用意しています。

はじめまして&流体解析が熱いんです。

はじめまして、CAEソリューションズ 企画Gのみっちーと申します。
去年まではFemapの技術サポートをしていたのですが、今年の1月から企画Gに異動になりました。日々、企画・マーケティングで会社に貢献したいと奮闘しています。それで、企画ってなに?マーケティングでどんなことをやっているの?と興味のある方がいらしたらと思い、今日からブログでご紹介していこうとおもいます。名前は営業部のTさんがいつも「みっちー」と呼ぶので、ブログでもこれでいきますね。さて、早速ですが、6月20日(水)から東京ビッグサイトにて、DMS東京が始まります。そのために技術部、営業部、企画Gのみんな、てんやわんやで準備中です。

    展示会でのわたしの仕事はざっくりとこんな感じです。

  1. 誰がいつ会場入りするか確認して連絡する
  2. 誰がプレゼンをするか確認して連絡する
  3. ノベルティを決めて手配する
  4. コンパニオンさんを手配し、衣装を決める
  5. ノートパソコンや機材の予約をする
  6. アンケートを作成し、印刷する
  7. 配布用カタログを準備
  8. 会場で使うものをまとめて発送する

すべてをわたし一人ではやらないのですが、各所との連絡や調整、プレゼンデータを集めてノートパソコンにセッティングしたり、カタログの発注には見積もりを依頼したり、稟議書を申請したりなど、それぞれにかなり細かいことがいっぱいあるので時間もかかります。
そして、元々は技術で長くやってきたため、プレゼンのプログラムを担当することも割とあって、準備の合間に自分の分のプレゼン資料を作成して、展示会場では受付をしながら出番になると皆さんの前でお話をするという感じでやっています。
今回はFemapやFloEFD、NXなどのソフトウェアを開発しているシーメンス株式会社に弊社CAEソリューションズが協賛していて、ブースの展示を一部担当するため、いつもよりは軽い準備ではあるものの。。。それでもやっぱりあれこれバタバタしてしまいます。
みっちー的に一番大変なのは、発送ですね。体力と時間が必要なのでこれが一番負荷が高いと感じています。もう準備中はそれこそ汗だくなんですよ。ダンボールを組み立てて、会場で必要な細々したものを詰めて、ノートパソコンは専用の箱に入れて、パネルも大きな箱に入れて、この一連の作業が本当に体力勝負。手にはカッターナイフとハサミとガムテープ。もうガテン系のフィットネスです(笑)そう思わないとやっていられないくらい、髪もぼさぼさになるくらい、動き回って汗いっぱいになっています。
いつもだとダンボール10個くらいはあるのですが、今回は1個なので可愛いものです。なのに、それでも汗いっぱいかいてしまいました。なんでなんでしょうね~。要領が悪いことは確かです。やっと「一人で発送」出来るようになってきたばかりなので。

さて、今回の出展内容はというと
FloEFDのご紹介に力を入れています。前回「人とくるまのテクノロジー展 2018」でも、FloEFDのプレゼンには多くの方が集まって下さり、個別のご相談もたくさん行いました。「流体」というワードが熱いのは確かです。みなさん口々に「FloEFDのカタログください」「流体について教えてください」とブースにお立ち寄りくださいましたから。
それで、DMS東京でのプレゼンテーションもFloEFDについてご紹介するべく、技術部長みずから渾身の力を込めて資料を作りました。準備も万端なのでどうぞご期待ください。

当日は
東京ビッグサイト 東2ホール 設計製造ソリューション展 東33-42シーメンス株式会社 PLMソフトウェアブースでお待ちしております。

詳細はこちら⇒

上半期締め

6月も早中旬、CAE営業マンも半期締めの数字に追われ駆けずり回る日々。今更慌ててもしょうがないと泰然としているAさん、ノルマ達成まで後一歩のBさんは朝からお客様回り。様々な人間模様を繰り広げています。彼の米国では四半期締めを見直そうというまっとうな?意見も出てきたとか。ということで、あと半月頑張りたいと思います。

CAEのことなら株式会社CAEソリューションズ⇒

Femap with NX Nastran 無料体験セミナーを実施いたします。

本格的な有限要素解析(FEA)を簡単に行える業界最高クラスの有限要素解析用プリ/ポストプロセッサ+モデリング・ツール、Femap。解析が必須アイテムである航空宇宙業界で生まれたFemapは、手軽に使えるWindows環境への移植によって、フルタイムの解析専門家にも、その他のユーザーにも便利なアプリケーションとなりました。
このFemapをソルバのNX Nastranとともに体験していただくセミナーを開催いたします。この機会に、ぜひWindows環境で設計者から解析専門者まで、高度な解析環境を活用できる、Femapをお試しください。
体験セミナーを受講いただいたお客様に期間限定の無料体験版を提供しております。

実施日:6/27(水) お申込締切日:6/21(木)
詳細はこちら⇒

Science Age of Experience 2018が6月18~21までボストンで開催されます。

来週、ボストンで開催されるScience Age of Experience 2018、SIMULIAとBIOVIAふたつのブランドが融合されマルチスケール、マルチフィジックス系シミュレーションの最新技術動向、ユーザー事例発表など盛りだくさんです。案内Webには3DEXPERIENCEの興味深いPlaygroundも紹介されています。
3DEXPERIENCE Playground⇒