来週の18日(火)と19日(水)のそれぞれ大阪と東京で「最新プリポストで作業効率化!~Femap V12.0 活用講座~」セミナーを実施いたします。

今年10月にリリースされたばかりのFemap V12.0の新機能をご紹介します。ユーザーインタフェースがより使いやすくなり、解析作業の効率化のため、有限要素モデル用のジオメトリ作成の効率化、強力なメッシュ作成が可能となっています。また、業界標準ソルバーへの充実した対応も可能であり、解析プロセスを効率化する柔軟なカスタマイズツールもあるため、その一部をご紹介していきます。

大阪会場(12/18)
Femap V12.0 活用講座
他にも、現バージョンから使用可能となった、トポロジー最適化の紹介や、Femap With NX Nastranを使用している中で、よく発生するエラーの解決方法もご紹介いたします。
イベント詳細はこちら⇒
東京会場(12/19)
Femap V12.0 活用講座
他にも、バージョン 12.0 から使用可能となった、 トポロジー最適化の紹介やFemapのAPIの活用方法や事例もご紹介します
イベント詳細はこちら⇒
0

ちょっぴり便利に!結合カーブ、サーフェスのスライス

Femap v12の新機能として、前バージョンで出来なかった、結合カーブ、結合サーフェスがあるサーフェスやソリッドでスライス処理ができるようになりました。(平面、フェース沿い、シートソリッド、カーブ)
Femap v12の新機能

Femap製品詳細はこちら⇒

3+

Solid Edgeでの3D設計者の方向けの熱、圧力損失対策

Solid Edgeでの3次元設計に携わっている方が熱対策や圧力損失検証に利用されているFloEFDはCAD操作環境そのままで、ウィザードに従って流体解析条件設定、計算、可視化ができます。しかし、流体の基礎知識はやはり必要です。ELEARNINGによる流体解析入門講座も開設していますので、ご利用いただければと思います。
熱、圧力損失対策:Solid Edge

FloEFD製品詳細はこちら⇒     E-LEARNING詳細はこちら⇒

5+

オープンソースCFD活用事例

オープンソースCFDを上手く利用されているユーザーが増えています。FLUENTやSTAR-CCM+などのハイエンドCFDにも匹敵する熱・流体解析機能を持ち、大規模並列計算に於けるコストメリットを考えると利用に値すると思います。オープンソースCFDベースのHELYXはこのような企業ニーズを満足するソフトウェアです。
オープンソースCFD活用事例

HELYX製品詳細はこちら⇒

6+

軽量化も新デザインもトポロジー最適化で!

Abaqus Extendedライセンスはご利用になっていますか? もし、13トークンお持ちでしたら、非線形トポロジー最適化機能で、部品の軽量化設計、3Dプリンタ用のラティス構造を含む新デザインなどができるようになります。Extendedライセンスに含まれるIsight, fe-safeなどと合わせてTosca設計最適化機能をご活用ください。
Abaqus非線形トポロジー最適化

Abaqus製品詳細はこちら⇒

7+

Femap v12からゼロ厚さの粘着ソリッド要素の設定が可能になりました。

Femap v12の新機能として厚みゼロの粘着要素を設定できるようになりました。これにより、接着された材料などのモデリングが可能となります。
ゼロ厚さの粘着ソリッド要素の設定:Femap v12
注:
・NX Nastran SOL 401/SOL 402で利用可
・PSOLCZエントリーを作成
・プロパティの厚さを使用:厚みゼロの粘着ソリッド要素が作成可
・積層ソリッド要素と類似だが六面体(CHEXCZ)と三角柱(CPENTCZ)

Femap製品詳細はこちら⇒

10+

火災・避難シミュレータ:IFCフォーマット対応

BIMの標準的なフォーマットIFCにPyroSimが対応しました。このことにより、複雑な建物構造のインポートが楽になり、火災シミュレーションの適用範囲が拡大されます。
火災・避難シミュレータ
■リリース情報(※2018/12/10リリース予定)
・PyroSim 2018.3
・Pathfinder 2018.4
注)AutoCAD 2019のDWG, DXFにも対応しています。

PyroSim詳細はこちら⇒

11+

CAEソフトウェアの体験セミナー実施日程を更新しました。

「CAEソフトウェアの必要性は感じるが、操作が難しく、導入コストに見合う成果を出せるのか不安を感じる。」
この不安を解消していただくためには、実際に操作して体験していただくことが近道と私達は考えます。ベテラン講師が初心者の方でもご理解いただけるよう、実際のCAEソフトウェアの操作を通して丁寧にご説明させていただきます。
各コースの講習内容、日程をご確認いただき、是非、CAEソフトウェアご導入検討にお役立てください。

詳細はこちら⇒

CAEソフトウェア体験セミナー
1+

熱処理プロセス論文(DANTE-IH)

先週、名古屋国際会議場で開催されたQDE2018国際熱処理シンポジウム、弊社ブースご見学ありがとうございました。ご参加いただけなかった方のためにAbaqus-DANTE, ANSYS-DANTEの論文をアップしておきますので、ダウンロードご高覧いただければ幸いです。

    論文一覧

  1. Process Innovation to Eliminate Cracking Problems in Large Diameter Parts with Nonuniform Wall Thickness
  2. Induction Hardening Process with Preheat to Eliminate Cracking and Improve Quality of a Large Part with Various Wall Thickness
  3. Effect of Preheat on Improving Beneficial Surface Residual Stresses during Induction Hardening Process
  4. Solving Critical Heat Treatment Challenges with Practical Process Modeling
    1. 詳細はこちら⇒

      実用的な熱処理シミュレーションソフトウェアDANTE
      DANTEは、鋼部品等の熱処理をシミュレートするための、熱と炭素拡散、固体力学有限要素ベースの解析プログラムです。エンジニアは、DANTEを使用して、熱処理後の特定の部分の残留応力状態、冶金学的段階の進化および最終体積分率、硬度、および部分歪みを予測することができます。DANTEの解析機能は多相材料構成モデルを炭素拡散およびマルテンサイト相変態動力学モデルを直接結合するものです。 冶金学者、プロセスエンジニア、熱処理装置および設計者が使用するために、加熱、浸炭、浸漬急冷、ガス急冷、スプレー急冷、プレスまたは固定クエンチング、および焼き戻しのシミュレーションができます。更に、操作性の良いGUIとポストプロセッサーにより熱処理プロセスのシミュレーションが可能となります。

      12+

解析のアウトソーシングを承ります。

シミュレーションソフトウェアの比較検討、正しい解析条件の設定方法、材料特性の吟味、CADデータからメッシュモデル作成での躓き、並列解析計算環境の構築など、CAEソフトウェアの導入、運用に関しての様々なご相談に、弊社CAEシニアコンサルタントが長年の経験を活かしお答え致します。シミュレーションソフトウェアも設計、製造におけるひとつの道具ですので、プロジェクト規模、売上に見合った適正な解析費用、人的な要素、役立たせるための使用法などを加味したコンサルテーションをさせていただきます。
解析のアウトソーシング
・設計検証、故障診断のための解析レポート/・CAE設計者展開のためのアプリケーション化/・Abaqus, Nastran, CFDコンサルテーション

詳細はこちら⇒

1+