トポロジー最適化によるシミュレーションと実験結果を比較してみよう!! 体験セミナーを実施いたします。

ブラケットモデルの構造解析と実物での実験を行い、それらの結果にどれだけの違いがあるのかを確認していただきます。単純に、シミュレーションと実験の違いを見ていただくだけではなく、その違いについて様々な角度から考察していくセミナーです。また、トポロジー最適化を行って作成した形状と元形状の解析結果の比較も行います。
セミナー内容
■トポロジー最適化のご紹介【座学】
・構造最適化の概要
・トポロジー最適化解析例のご紹介
■SW Simulationを使用してフックの破壊を予測してみよう!【実機操作あり】
・実物模型を壊す実験
・解析結果と実験結果の比較確認&考察
■トポロジー最適化を使用し、頑丈なフックを検討してみよう!【実機操作あり】
・SOLIDWORKS Simulationでトポロジー最適化の操作を確認
■質疑応答 アンケート


実施日:8/27(火)  お申込締切日:8/21(水)
詳細はこちら⇒

0

Femap with NX Nastran 振動解析基礎セミナーを実施いたします。

実施日:8/26(月) お申込締切日:8/20(火)
詳細はこちら⇒
Femap with NX Nastranを用いて振動解析を行うための知識や基本操作を習得します。

    アジェンダ

  • 振動解析の概要
  • 振動解析の基礎知識
  • 固有値解析
  • 時刻歴応答解析
  • 周波数応答解析
  • 応答スペクトル解析
  • ランダム応答解析
  • 演習
0

OpenFOAM実用化ツールHELYX 基礎セミナーを実施いたします。

HELYX®新バージョンv3.1.2がリリースされました。併せて、HELYX®アドオンモジュール、Adjoint、Coupled、 MarineとHydroもリビジョンアップされます。

HELYX 基礎

実施日:8/21(水) お申込締切日:8/15(木)
HELYX-GUIを用いてOpenFOAM(Engys社による改良版)による流体解析を行うための基本操作を習得していただきます。

  • HELYX-GUIの基本的操作
  • HELYXを用いた解析メッシュ(snappyHexMesh)の作成
  • HELYX-GUIを用いた簡単な流体解析の設定及び実行
  • HELYX-GUIを用いた熱移動を伴った流体解析の設定及び実行
  • HELYX-GUIを用いた回転体の流体解析の設定及び実行
  • HELYX-GUIを用いた自由表面を伴った流体解析の設定及び実行
  • HELYX-Core独自の機能のアドバンテージの紹介
  • 詳細はこちら⇒

    0

    第8回DADiSP利用技術研究会~データ解析・AI・機械学習の実例を分野横断的に学ぶ~が本日の13時から開催します。

    第8回DADiSP利用技術研究会
    DADiSPは、グラフィカルな信号処理ソフトウェアとして日本国内のみならず世界中で利用されており、自動車、鉄道、生体医工、航空宇宙、防衛、造船など、様々な分野で導入されています。本研究会では、昨今話題となっているAIに関する基調講演やDADiSPでご利用頂ける新しいモジュールをご紹介致します。さらに、DADiSPを導入して頂いている様々な分野のユーザー様にご講演頂きますので、分野の枠組みを超えた意見交換を行える場となっております。奮ってご参加ください!

    ■アジェンダ
    ・AIの基本知識とFEM振動解析への応用-Abaqusを使用して
    AIに関する基本的な知識とこれまで経験によって行われてきたハンマーなどの加振による損傷位置の推定をAIを用いて定量的に推定する事例をご紹介します。
    ・DADiSP機械学習モジュールの紹介
    機械学習における基本的な手法をDADiSP上で実現するモジュールについて、その手法と例題をご紹介します。また、本モジュールは逐次バージョンアップしていきますので、このような機能が欲しいなどのご要望も承ります。
    ・CAEソリューションズ事例紹介
    3Dマイクロフォンの協同研究の成果として収録したデータを分析・可視化するツールを開発しました。開発とDADiSPの関わりについてご紹介します。
    ・ユーザー事例紹介
    詳細はこちら⇒

    0

    最新プリポストで作業効率化!~Simcenter FEMAP with Nastran v2019.1活用講座~(WEBセミナー)を実施いたします。

    今年5月にリリースされたばかりのSimcenter FEMAP with Nastranv2019.1の新機能と機能強化をご紹介します。今後、FEMAPは新しいバージョン名称にてリリースされて参ります。「解析作業の効率最大化」、「強力なFEMAP機能をさらに充実」の一貫したFEMAP開発方針の元、さらに使いやすくなったユーザ・インタフェースと可視化、プリ処理、メッシング、ソルバ・サポート、ポスト処理など最新情報をご紹介します。
    Femap WEBINAR
    実施日:2019年9月12日(木)/前半
                  2019年9月19日(木)/後半
    詳細はこちら⇒

    Simcenter FEMAP with Nastran v2019.1活用講座

    0

    BIMデータ活用による火災シミュレーション~火災対策は万全ですか? 作成したBIMファイルを活用して防火検討まで行ってみませんか?~(オンラインセミナー)を実施いたします。

    Simcenter FEMAP with Nastran v2019.1活用講座
    火災シミュレーションには、「FDS」を使用しています。「FDS」は米国NISTが開発・無償配布しており、世界中で広く使用されています。「FDS」にはGUIが添付されていないため、モデルの作成やシミュレーションの設定、実行には多大な作業時間と専門知識が必要でした。「PyroSim」を使用するとCADライクな日本語GUIを使用して火災モデルを作成し、マウスクリックで計算を実行できます。複数のコンピューターを用いて並列計算でシミュレーションを加速することも簡単な操作で行うことができます。「FDS」付属の可視化ソフト「Smokeview」に加えて「PyroSim」独自の可視化ソフト「Results」も日本語GUIで付属しており、シミュレーション結果の動画も簡単に作成することができます。本セミナーでは、「PyroSim」を使用して、BIMのIFCファイルからのFDSモデル作成、シミュレーションの実行、結果の可視化までをご紹介します。
    実施日:2019年9月5日(木)
    詳細はこちら⇒

    0

    SOLIDWORKS Flow Simulation 空気調和(HVAC)編セミナーを実施しております。

    空気調和(HVAC)モジュールの機能と操作を習得します。

      アジェンダ

    • 空気調和について
    • 建築伝熱(伝導・対流・輻射・日射)
    • 流体の運動
    • 湿度
    • 快適性パラメータ(各種快適性パラメータ)
    • 演習(伝熱・対流・湿度を考慮した室内空調解析)

    お客様もご要望に合わせて実施いたしますので、気軽にご相談ください。
    詳細はこちら⇒

    0

    最新プリポストで作業効率化!~Simcenter FEMAP with Nastran v2019.1活用講座~セミナーを実施いたします。

    今年5月にリリースされたばかりのSimcenter FEMAP with Nastranv2019.1の新機能と機能強化をご紹介します。今後、FEMAPは新しいバージョン名称にてリリースされて参ります。「解析作業の効率最大化」、「強力なFEMAP機能をさらに充実」の一貫したFEMAP開発方針の元、さらに使いやすくなったユーザ・インタフェースと可視化、プリ処理、メッシング、ソルバ・サポート、ポスト処理など最新情報をご紹介します。他にも同じシーメンス製品である熱流体解析ツールFloEFDのご紹介とSimcenter FEMAP with Nastranとの構造流体連成、データサーフェス機能をご紹介します。
    実施日:2019年9月6日(金)
    詳細はこちら⇒
    Simcenter FEMAP with Nastran v2019.1活用講座

    0

    はじめての有限要素法セミナーを実施いたします。

    実施日:8/7(水) お申込締切日:8/1(木)
    詳細はこちら⇒
    はじめて構造解析を行う方向けのコースです。解析で使用する有限要素法がどのようなものか理解していただきます。

      アジェンダ

    • 有限要素法とは
    • 有限要素法の基礎
    • 有限要素法の内部処理
    • 評価方法
    0
    カテゴリー: NEWS |

    神戸のFOCUSで火災解析支援ソフトウェアPyroSim体験セミナー実施まで後一週間を切りました。

    火災解析支援ソフトウェアPyroSim体験セミナー(神戸FOCUS)
    PyroSimは火災シミュレーションソフト米国標準局(NIST)のFire Dinamics Simulator(FDS)を計算エンジンとして使用するFDS専用のGUIです。FDSは計算流体力学(CFD)を使用するので、そのアプローチは一般的で、ストーブから石油備蓄タンクにいたる規模の火災、建物の換気のような火災を含まない問題にも適用できます。PyroSimにより, FDSのシミュレーション作業が簡便化され、国内でも多数のユーザーが利用しています。
    実施日:8/2(金)
    詳細はこちら⇒

    0