SOLIDWORKS 2019情報

SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2018

SOLIDWORKS 2019の新機能はご確認いただけましたか?

  • コンフィギュレーションサポート、操作性、パフォーマンス強化
  • 大規模アセンブリのパフォーマンス向上、簡素化スピードアップ
  • 拡張現実エクスポーター
  • 3Dスキャン、プリント対応
  • Treehouse機能強化
  • 分解図作成の柔軟性
  • アノテーション簡易作成
  • その他、設計効率化に役立つ新機能満載です。11/6大阪、11/9東京で開催されるSOLIDWORKS WORLD JAPAN 2018で新機能をご確認ください。
    SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2018情報⇒
    SOLIDWORKS 2019新機能⇒

    1+

    Prof. Issa基調講演:来週のOpenFOAM User Conference 2018

    OpenFOAM User Conference 2018

    来週ドイツ、ハンブルグで開催される第6回OpenFOAM User Conference 2018の基調講演として、インペリアルカレッジロンドンのRaad Issa教授が登壇されます。PISOアルゴリズムの父として有名です。また、Computational Dynamics Limitedの共同設立者として、商用CFDの開発においても重要な役割を果たして来ました。PISOは、ICエンジンフローなどの過渡シミュレーションに有効な計算手法で、1980年代後半に発売されたSTAR-CDに採用され、それ以来、このアルゴリズムはOpenFOAMを含め広く利用されています。今回の講演では、PISOソリューション方法論、非構造メッシュの開発と将来の展望、および、過渡流れにおけるCFDの効率的な数値アプリケーションの推奨についてご講演いただきます。
    イベント詳細はこちら⇒

    3+

    11月1日にSIMULIA Community Conference 2018(SIMULIAユーザー会)が開催されます。

    本会は、 SIMULIAブランドの近況のご報告と共に、ユーザの皆様の様々な取り組みや活用事例を発表いただく場として、毎年開催しております。ユーザの皆様どうし、またユーザの皆様と国内外の技術スタッフとの間での意見交換などを通じ、より幅広い交流と懇親の機会となれば幸いです。
    詳細はこちら⇒

    SIMULIAユーザー会

    0

    Femap with NX Nastran 無料体験セミナーを実施いたします。

    本格的な有限要素解析(FEA)を簡単に行える業界最高クラスの有限要素解析用プリ/ポストプロセッサ+モデリング・ツール、Femap。解析が必須アイテムである航空宇宙業界で生まれたFemapは、手軽に使えるWindows環境への移植によって、フルタイムの解析専門家にも、その他のユーザーにも便利なアプリケーションとなりました。
    このFemapをソルバのNX Nastranとともに体験していただくセミナーを開催いたします。この機会に、ぜひWindows環境で設計者から解析専門者まで、高度な解析環境を活用できる、Femapをお試しください。
    体験セミナーを受講いただいたお客様に期間限定の無料体験版を提供しております。

    実施日:10/24(水) お申込締切日:10/18(木)
    詳細はこちら⇒

    0

    Femap Version12:中心線抽出「便利機能」

    Femap Ver.12

    Femapバージョン12では、中心線の抽出が簡単にできます。ソリッドモデルをビームモデルに変更するようなこともできます。シミュレーションを効率的に行う上で、結構必要な機能です。
    Femap製品詳細はこちら⇒

    4+

    AES New York 2018:145th International Pro Audio Convention

    AES New York 2018

    明後日からニューヨークで国際プロオーディオコンベンション「AES NY 2018」が開催されます。
    PAFEC-VibroAcousticsの開発者Dr. Patrick MaceyはKlippel Warkwyn R&Dチームとの共同出展ブース#445でお客様をお待ちしています。 今回はPAFEC-VibroAcoustics、PafLS、そしてRoomCalcのデモンストレーションを行い、ソフトウェア、シミュレーションの新機能を発表します。尚、プリ処理、ソリューション効率、および、ポスト処理機能のバージョンアップの説明もさせていただきます。PAFEC-VibroAcoustics / Klippel MPIモジュールを組み合わせた新機能の実演をご見学になれます。MPI = material parameter identificationは、Klippelスキャニングシステムから測定された結果とのより良い一致を得るために、ダイアフラム材料の特性を調整する最適化を実行します。 これは、おおよその物質データのみが分かっている場合に非常に有用なツールです。
    AES New York 2018詳細⇒      Warkwyn R&D Klippel MPI⇒

    PAFEC製品情報はこちら⇒

    6+

    Femap Version12新機能

    Femapバージョン12は、インタラクティブな視覚化とユーザインタフェースの革新、モデル表示の容易さ、使い易さを向上させました。 ジオメトリモデリング、プリポストプロセッシング機能、ソルバーの新機能も多数あります。 新ソルバーとして、NX Nastranマルチステップ非線形解析のサポート、設計最適化のためのトポロジー最適化も含まれています。
    9+

    世界最大の航空機を軽量化する! HyperSizer

    FloEFD-FFT

    250トンもある世界最大の航空機の軽量化に米国Collier Research社はHyperSizerを使用して取り組みました。米国ストラトローンチ・システムズ社は空中発射ロケットによる宇宙輸送を手掛ける企業です。ロケットを航空機から空中発射する計画は、2011年12月に発表され、2020年のサービス開始を予定している夢のある宇宙旅行ビジネスプロジェクトです。
    HyperSizer製品詳細はこちら⇒     
    出典:AEROSPACE AMERICA November 2017記事

    9+

    熱流体解析ソフトウェアFloEFDの体験セミナーを実施いたします。

    FloEFDは、Creo(Pro/E)、CATIA、NX、SOLIDWORKSに完全統合された設計者向けの熱流体解析ソフトです。FloEFDの特徴と各種業界における活用事例をご紹介するとともに、体験演習を通してその優れた操作性を体験していただくことができます。

    • FloEFD概要&事例紹介
    • 水道管蛇口を題材とした熱流体解析の体験演習
    • 質疑応答


    実施日:10/18(木) お申込締切日:10/12(金)
    詳細はこちら⇒

    メンターグラフィックス社が提供する熱・流体解析ソフトウェア「FloEFD」は独自のカットセル手法による高度なメッシングテクニックにより、複雑な製品形状にも対応します。CADにアドオンしておりますので、設計者でも簡単に利用いただけます。対応CADは、従来からのPTC Creo, CATIA V5, NXに加えて、新しくSolid Edge版もリリースされました。その他、LED, HVAC, 電子冷却向けのオプション製品もご用意しています。

    1+

    時間変動圧力をFFT変換:FloEFD便利機能

    FloEFD-FFT

    例えば、自動車のエアコン送風口の空気流れによる圧力変動に起因する振動を高速フーリエ変換することにより音圧レベル(dB)周波数プロットを表示することができます。これにより、不快なノイズ対策の検討に利用することが可能です。
    FloEFD製品詳細はこちら⇒

    12+